男性

事前に変形性膝関節症を予防~手軽で簡単・ヘルスケア法~

膝関節の病気とは

サプリメント

有効な成分とは

変形性膝関節症は、若い人よりも年配の人に多く見られる病気です。膝の関節の間にある軟骨が次第にすり減り潰れてしまい、激しい痛みを伴う炎症を起こすのです。膝の痛みのため、歩いたり運動することが困難になってきます。これは、ほとんどが老化によるもので、ひどくなると関節が曲がって歩けなくなったりします。更年期に差し掛かったら変形性膝関節症を予防することも大切で、サプリメントを飲み始める人も多いのです。サプリメントは、グルコサミンやコンドロイチンが主に配合されたものが変形性膝関節症に効果を発揮します。これらは、もともと軟骨を形成している成分の一つです。それが関節の軟骨に作用して、すり減るのを抑え炎症の痛みなどを軽減する働きをします。

さまざまなサプリメント

老化は、ホルモンバランスを乱し体内で合成される有効成分の減少を招きます。グルコサミンやコンドロイチンも体内で合成される成分で老化のために少なくなってきます。これらの成分は軟骨にあり、それが減ることで軟骨がすり減っていくのです。変形性膝関節症の予防に役立つサプリメントには、コラーゲンやヒアルロン酸なども配合されているものがあります。これも、グルコサミンやコンドロイチンほどではありませんが変形性膝関節症に効果がある成分です。コラーゲンなどは、美容効果もあり肌の乾燥を防ぎ弾力のある素肌をつくる効果もあります。サプリメントは、色々な成分を配合したものやグルコサミン1種類だけに特化したものもありその種類はさまざまです。

歩くと痛い

家族

肘もそうですが膝の関節はとても大事な箇所とされています。なぜなら、人は歩行したり座ったりするからです。この時に使う軟骨は歳と共に減っていきます。その結果、偏見性関節症などを引き起こしてしまうのです。

軟骨がすり減る病気

膝

女性に特に多く高齢になればなるほどかかりやすくなるのが変形性膝関節症です。膝の軟骨がすり減って、進行が進むと骨と骨とが直接ぶつかり合うことで激痛を伴うようになります。肥満やO脚など膝に負担をかけやすい体形の場合には、なりやすくなります。

膝関節が変形する症状

ペア

変形性膝関節症には基本的には運動療法などの保存療法を行うのが基本ですが、注射で体への負担を軽減させた治療や、手術で即効性のある治療を行う事もあるという事が分かります。そのため、しっかりと知識を付けた上で治療を受ける事が大切です。