シニア

事前に変形性膝関節症を予防~手軽で簡単・ヘルスケア法~

歩くと痛い

家族

注射や手術なしで改善

膝の痛みがあるとほんとうに辛いものです。立ち上がりや歩くといった日常の動作には膝を使うことが多く、その度に痛みが走ると気が滅入ってしまい、行動も何かと制限されてしまいます。膝の痛みと言えば、変形性膝関節症、ランナー膝、オスグット病、ジャンパー膝など色々な症状があり痛みで悩んでいる方は増えています。変形性膝関節症をはじめとする膝の痛みを改善するには、痛み止めや整体、ヒアルロン酸注射、マッサージなどの方法があります。しかしその場しのぎの対処法であったり効果があっても持続しないなど、根本的に改善できない方も多いです。膝が痛いと正座をするのも苦痛を感じるし、和式トイレを使うのも難しくなったり、趣味のゴルフやジョギングもできないなど何かと不便がつきまといます。

骨盤のゆがみがポイント

変形性膝関節症、ランナー膝、ジャンパー膝などの膝の痛みの改善には、注射やマッサージなどの対症療法とは異なる改善プログラムが存在するのです。膝の痛みをやわらげるには、根本的な原因を取り除く必要があり薬やマッサージなどでは、関節の軟骨をすり減らすことを抑制することはできないのです。膝の痛みの原因は生活習慣にあり、日常での偏った動きや悪い姿勢によって内側に体重が過重にかかって内側の軟骨がすり減って骨が変形して痛みが出ていることが多いのです。腰のあたりの骨盤が歪むと骨盤とつながる大腿骨が逆方向に歪み、膝関節に必要以上の重量がかかって軟骨がすり減っていくのです。そして膝の痛みは長期化すると、頭痛や四十肩、腰痛や自律神経失調症を招くリスクもあります。変形性膝関節症などの膝の痛みを根本的に改善するプログラムとは、オリジナルの歪み矯正トレーニング痛みのないオリジナルストレッチ、生活習慣の改善などから膝の痛みを治療していきます。