シニア

事前に変形性膝関節症を予防~手軽で簡単・ヘルスケア法~

膝関節が変形する症状

ペア

ヒアルロン酸注射が良い

変形性膝関節症の治療は主にステロイド注射が行われているのですが、近年ではそのステロイド注射の代わりにヒアルロン酸注射を行うのが人気を集めています。何故変形性膝関節症の治療において、ステロイド注射よりもヒアルロン酸注射が行われるようになったのでしょうか。その理由として、ヒアルロン酸はもともと膝関節にある液体に存在するものであるため、ヒアルロン酸注射を行っても拒否反応が起こらないといった事があります。ステロイド注射は効果は高く現れるのですが、副作用が発生しやすく、長期間の治療が行えません。しかし、ヒアルロン酸注射は副作用が発生しにくく、ステロイド注射とは違って治療を比較的長く行いやすいと言えます。

手術をする際の利点とは

変形性膝関節症の治療では手術が行われる事もあります。変形性膝関節症の手術としては、主に人工膝関節置換術という方法が使用されています。人工膝関節置換術を行った場合のメリットがいくつかあります。まず、姿勢が良くなったり、足が長く見えるといった見た目の変化が現れます。即効性があり、常に悩んでいた膝の痛みが術後すぐに改善されると言われています。また、入院期間が従来では1〜2ヶ月ほどあるのですが、2週間ほどで済むという事が挙げられます。しかし、感染症や血栓を作ってしまう事やインプラントの緩みが起きるなどの合併症が起こるリスクがあるといったデメリットも発生します。これらの点を把握し、希望する治療方法などを専門医に相談しましょう。